西口園のぶどうの紹介 【巨峰】

kyohou

巨峰の成熟期、収穫期について
巨峰の皮の色について 成熟すると黒紫色になります
巨峰の房について
大きさ、形や、粒の密着度など
通常は、一房を30粒から35粒程度に調整し重さが400gから450gになるように作られる。(房の粒数と糖度には関連性があり、数が増えすぎると糖度は低下し色は薄くなる為)
巨峰の香りについて
巨峰の粒について
食味・食感や果肉、皮の特徴など
10g~12g程度
巨峰の味について
巨峰の食味・食感について
果肉や皮の特徴など
巨峰の食べ方
交配種
その他 巨峰(きょほう)は、ブドウの種類の一種であり、他の種類のブドウと比べて、実が大きいことから、「ブドウの王様」とも呼ばれている。日本原産の果実。

西口園での取扱状況、種あり、種なしの有無、皮ごと食べれるかどうか?など、ご質問がある方はお気軽にお問い合わせください。
電話番号:0595-65-2646

Comments are closed.